京都府の通信制高校を選んだ理由や勉強の効率について

中卒と言うのは転職活動を行う時に不利

中卒と言うのは転職活動を行う時に不利 : 自分に最適な学校を選んで入学をした : 働いている自分にとっては効率が良く最適

高校を卒業する事は将来的にも有利ですが、自分の場合は中学を卒業した後に高校に入学したものの、両親が他界した、弟や妹の面倒を見なければならないため、入学した高校を退学して就職をしました。
仕事をする事で兄弟を養っていく事が出来たのですが、中卒と言うのは転職活動を行う時にとても不利なものだと感じるようになったのです。
履歴書には中学卒業と高校中退などの学歴を記載していましたが、書類選考で大半が落とされてしまい、中々面接までたどり着く事が出来なかったのです。
学歴を問わないなどとアピールしている会社でも、高校を中退している人を受け入れてくれるケースが少なく、高校中退は就職活動に対して弊害をもたらすものだと感じていました。
しかし、高校を辞めたのは本意ではなく、あくまでも兄弟との生計を維持する目的、これを分かって貰えないのでは仕方のない事などと感じる事もありました。
ある時、ネットで仕事を探している時に通信制高校の広告を目にしました。
通信制高校は自宅で決められたカリキュラムをこなせば高校を卒業したのと同じ資格を持つ事が出来るもの、弟や妹を食べさせていかなければなりませんので仕事をしながら学校に通う事は出来ません。

京都はもちろん、大阪の方も大歓迎です。
大阪からも通いやすい学校です。

通信制高校、京都美山高校をぜひ一度ご覧ください。


https://t.co/3dXHGxLpWg #不登校

— 京都美山高校国語科3 (@miyamakokugo3) 2018年2月26日

通信制高校 京都 : 通信制高校・単位制高校 長尾谷高校